Google Colaboratoryでプログラミングを始めよう。

Python

こんにちは、ECF Tech
ブログ担当 Michiです。

今回はプログラミングを学び始める最適なWebサービスのひとつをご紹介したいと思います。

その名も「Google Colaboratory」です。プログラミングだけじゃなく、数学の勉強やレポート作成にも使えそうなスグレモノ。では、早速始めてみましょう。

対象読者

  • プログラミングを始めてみたいと思っている方
  • パソコンでインターネットやWord・Excelの基本操作ができる方
  • 数学の授業にプログラミングを取り入れたいと考えている先生方

Google Colaboratoryとは

Google Colaboratoryを簡単に言うと、 プログラムを簡単に試せるWebサービス です。識者にはかなり端折った言い方になってしまいますが、初学者向けということで徐々に明らかにできればと思っています。

Google Colaboratoryでは、Pythonというプログラミング言語を使います。

とりあえず説明はここまでとします。Googleアカウントがあれば、無料で利用できますのでぜひ試してみましょう。

試してみよう

では早速使ってみたいと思います。

(1)まずはブラウザで「Google Colaboratory」を検索します。

(2)「ファイル」を選びます

(3)Googleアカウントでログインしていない場合は、ログイン画面が出ますので、ログインしておきましょう。

(4)Pythonにはいくつかのバージョンがあります。今回は「Python3の新しいノートブック」を選択します。

(5)次のような画面が出ます。赤い枠の部分に半角で数値を入力してみましょう。

(6)実行ボタン(赤い枠)を押します。プログラムが実行されます。

(7)プログラムを実行した結果、「3」が表示されていますされています。次に「コード」をクリックします。

(8)次に「5+4」と入力して、実行ボタンをクリックします。

(9)足し算の結果を得ることができました。次は「テキスト」をクリックしてみましょう。

(10)赤い部分のように文章を入力することができます。文章ができたら、右端の鉛筆のマークをクリックし、編集を終えます。

(11)画像の赤枠部分をクリックすると、ファイル名を変更できます。

基本的な操作はだいたいこんな感じです。プログラムを書いて実行したり、メモを残すことができたりすることがわかればOKです。

ここ以降は特に必要な場合だけ画像を使用し、よりプログラムらしい記述を試していきましょう。

「+ コード」をクリックします。次の2行を入力してみましょう。

実行ボタンをクリックすると、8と表示されるはずです。

この2行は

の2つを実行しています。
aのように、 値を入れて置ける入れ物変数 と言います。aには5が入っているので、a+3が8となるわけです。

では、変数を使ってもう少しプログラムを書いてみましょう。「+ コード」をクリックし、次の3行を記述します。

実行結果

xとyは変数です。xに4を入れると、4+8は12になります。最後にyを表示すると、12が表示されます。

なんだか数学をやっている気分ですね。Google Colaboratoryでは、このように気軽にプログラミングを楽しむことができます。

おわりに

いかがでしたでしょうか、Google Colaboratoryの魅力が少しでもお伝えできていれば嬉しいです。最後までご覧くださりありがとうございました。本ブログでは引き続き、Google Colaboratoryを使って、今最もトレンドなプログラミング言語 Pythonの入門記事をご提供できればと思っています。引き続きよろしくお願いいたします。


合同会社イー・シー・エフでは、子ども向けプログラミングなどの教育講座を実施しています。プログラミング教室の案内や教育教材の情報、また関連するご相談・問い合わせにつきましては下記よりご確認ください。

ECFエデュケーション
キッズも大人も。沖縄からITのマナビを応援します
タイトルとURLをコピーしました