Scratchでなわとびゲームをつくろう!

Scratch

こんにちは、ECF Techブログ
担当 Michiharu.Tです。

久しぶりのScratchネタをご紹介します。今回はなわとびゲームを作りたいと思います。比較的簡単に作れて楽しめると思います。ぜひ、試してみてください。

まずは遊んでみましょう。下のリンクからScratchの共有ページに移動します。

https://scratch.mit.edu/projects/366394728/

あそび方

  • スタートボタン(みどりの旗)をクリックします。
  • なわが黄色の時は、なわが一番下に来ていますので、スペースキーでジャンプします。
  • タイミングをあわせてひたすら飛びましょう。

つくり方

スプライトの準備

使用するスプライトは下のとおりになります。

ロープをもつ役割の人は適当に配置します。

1人は向きを反対にする必要があるため、向きの設定を下のようにしておきます。

ロープのスプライトはペイント機能を使って書いていきます。ロープの回転をアニメーションで表現するために、下のような4枚のコスチュームを用意しておきます。

ロープの色は何でも構いませんが、下にくるロープの色だけを変えておくのがポイントです。

ジャンプするキャラクターは下に来ているロープと重なるように配置しておきます。

プログラム

ではプログラムを見ていきましょう。まずはロープのプログラムです。
ロープのプログラム

  • ロープは次々とコスチュームを切り替えるプログラムになっています。
  • コスチュームの番号が1(ロープが下に来ている)時にとんだ数を1増やしています。
  • 変数とんだ数はあらかじめ用意しておきます。
  • メッセージ1は、のちほど使います。

ジャンプするキャラクターのプログラム
次にジャンプするキャラクターのプログラムを見ていきましょう。

  • スペースキーが押されたときに、Y座標を一定時間移動させることでジャンプを実現しています。0.5秒空中にとどまります。
  • 色に触れたのブロックで色を選ぶときは、下に来ているロープの色を次のようにして選びます。

    次にステージ上で色を選択します。
  • 色に触れると、ロープに当たったと判断し、とんだ数が0になります。

ロープを回すキャラクターのプログラム
最後にロープを回すキャラクターのプログラムです。どちらか一方のキャラクターに、数える役割を与えます。

  • ロープのプログラムの時に設定したメッセージ1を受け取ったタイミングで、とんだ数を言うだけです。

これでプログラムが完成です。スタートボタン(みどりの旗)をクリックして遊んでみましょう。

アレンジ

ロープの回転の早さや、ジャンプしている時間などを変化させることで、難易度が変わります。色々試してバランスを考えてみてください。
ロープの回転の速さ

ジャンプしている長さ

他にも、ジャンプしているときに表情を変えたりなど色々コスチュームを変化させて楽しむこともできます。ぜひ、なわとびゲームを盛り上げてください。

おわりに

今回はここまでとさせていただきます。最後までご覧くださりありがとうございました。ここまで作ってみてふと思いましたが、マイクロビットの拡張機能を使って、本当のジャンプと連動させることもできそうです。ぜひ、色々アレンジして楽しんでみてください。


合同会社イー・シー・エフでは、子ども向けプログラミングなどの教育講座を実施しています。プログラミング教室の案内や教育教材の情報、また関連するご相談・問い合わせにつきましては下記よりご確認ください。

https://edu.e3factory.com/
タイトルとURLをコピーしました