こんにちは、ECF Techブログ担当 Michiです。

今回は私たちのプログラミング講座の題材にもなっている「ワイワイウォッチ」の作り方を紹介したいと思います。では、早速行きましょう

準備するもの

  • 牛乳パック
  • 両面テープ
  • マジックテープ(百円均一で購入)
  • はさみ
  • 定規
  • セロハンテープ

つくりかた

牛乳パックは切り開いて、箱の長い4面のうち2つを使います。

2つを切り分け、1つは幅5cmにカットしましょう。

カットしたもの(下)が腕時計のベルト部分になります。

もうひとつは、パックの幅をそのまま利用し、1.5cm2つ、5cmのパーツ1つを作ります。

カットすると、こんな感じにできあがります。

このカットした3つのパーツは、細長い2本を長方形の用紙にセロハンテープでくっつけ、下のようにします。マイクロビットを入れるポケットができます。

下のように、ベルトが間を通るかを確認してください。

ポケットにマイクロビットを入れます。マイクロビットの電池のさしこみが右上になっています。ベルトの一番左にマジックテープ(チクチクの方)をはりつけ、その右に電池パックを両面テープでしっかり貼ります。電池パックの線は図のように上側に出します。

次に、裏返してマジックテープ(ふわふわの方)を牛乳パックの裏側に貼りつけます。この図では左側が電池パックがある方になります。

牛乳パックの白い面は、折り紙や油性マジックなどで装飾しましょう。塗りつぶし面がかなり大きいため、折り紙はオススメです。

腕にはめたら完成です。

プログラムは色々自由に考えることができます。下に簡単な例を紹介しておきます。

プログラミング次第で、コンパスや万歩計のようなものもできそうです。

いかがでしたでしょうか。マイクロビットは工夫次第でいろんなおもちゃに変化します。ぜひ試してみてくださ~い。本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

マイクロビットを始めてみたいと思った方は、こちらをご参考ください。


合同会社イー・シー・エフでは、子ども向けプログラミングなどの教育講座を実施しています。プログラミング教室の案内や教育教材の情報は、下記よりご確認ください。

ECFエデュケーション