こんにちは。ECFブログ担当の Michiです。

突然ですが、2020年から小学校でのプログラミング教育が始まります。そんな中、私たちが注目している子供向けプログラミング教材が「マイクロビット」です。

マイクロビットは、色んなセンサーを備えた持ち運びできるコンピュータです。プログラミングを始め、最近話題のSTEM教育にも一役を担えるリーズナブルなコンピュータです。詳しくはこちら

上記サイトでも始める方法の掲載がありますが、本記事でも一通りの流れを紹介したいと思います。

プログラムを書く

マイクロビットに保存するプログラムは、こちらのサイトで作ることができます。無償で利用することができますので、ぜひチャレンジしてみてください。画面の役割は大体次のようになります。

①作ったプログラムの動作をシミュレーションできます。

②プログラムを作るためのブロックが入っています。

③実際にプログラムが置かれています。

④プログラムを置くエリアです。

⑤作ったプログラムをダウンロードできます。

⑥プログラムに名前を付けることができます。

下のようにブロックを組み合わせて、プログラムを作ります。

作成したら、プログラムに名前をつけて「ダウンロード」のボタンを押します。

ブラウザの設定等が初期状態であれば、「ダウンロード」のフォルダに保存されています。

次にマイクロビットをUSBケーブルで接続します。マイクロビット側はmicroUSBになります。

接続すると、次の画面が開きます。

先ほどダウンロードしたプログラムを下のようにすると、マイクロビットにプログラムが転送されます。

画面が一回消えて、再度表示されます。これで転送が完了です。マイクロビットのケーブルを抜いて、動作を確認してみましょう。

思った通りの動きをしていますか?

一通りの流れは以上になります。マイクロビットにはいろいろなセンサーもついていますので、ぜひ、色んなプログラムにチャレンジしてみてください。こちらのブログでもマイクロビットを使ったプログラムの例や作品の例などを色々掲載していきたいと思いますので、チェックしてみてください。

本ブログで掲載しているプログラム工作

マイクロビットで動く工作づくり(何度カニ?)

マイクロビットで動く工作づくり(ダンスマン)

マイクロビットで動く工作(シャカシャカミュージック)


合同会社イー・シー・エフでは、子ども向けプログラミングなどの教育講座を実施しています。プログラミング教室の案内や教育教材の情報は、下記よりご確認ください。

ECFエデュケーション