Gitを使ってみよう!【Git for Windowsインストール編】

Git

こんにちは、ECF Tech
ブログ担当 Michiです。

今さらながら最近Gitを使う機会が増えてきたので、いろいろまとめていきたいと思っています。よろしくお願いします。

本記事ではWindows上でGitを使う上で必要となるGit for Windowsのインストールについて書きたいと思います。初心者向けなのでまずはインストールして試せればOK。という粒度で記述しています。細かい説明は割愛している部分もありますのでご了承ください。

※以下の内容は本記事執筆時点となります。

対象読者

  • Gitを始めてみたい方
  • バージョン管理ソフトって何?という方

Gitって何?

本ブログ、下記の記事をご参考いただけますと幸いです。

Git for Windowsのインストール

(1)公式サイトに移動しましょう。

(2)画面右下の「Download 2.23.0 for windows」をクリックします。

(3)次の画面になり、ダウンロードが開始されます。

(4)ダウンロードしたインストーラ「Git-2.23.0-64-bit.exe」をダブルクリックして起動します。

(5)利用規約等になります。「Next」をクリックします。

(6) インストール先を指定します。テキストボックスやBrowse...ボタンから変更できます。今回はそのまま「Next」をクリックします。

(7)インストールするプログラムを選択します。こちらも今回はそのまま「Next」をクリックします。

(8)スタートメニューを作成するかどうかです。そのまま「Next」をクリックします。

(9)Gitでコミットコメントなどに使うエディタを選択します。利用したいエディタがあれば選択します。今回はそのまま「Next」をクリックします。

(10)環境変数の設定を用途に応じて行います。Windowsのコマンドラインでも使えるようにしたいので、Git from the command line and also from 3rd-party software を選択し、「Next」をクリックします。

(11)HTTPS通信の際に使うSSLライブラリを選択します。そのまま「Next」をクリックします。

(12)チェックアウトまたはコミットの際に改行コードをどうするかを指定します。今回はCheckout as-is, commit as-isを選択します。

(13)端末エミュレータを選択します。そのまま「Next」をクリックします。

(14)追加オプションの設定です。全部チェックして「Next」をクリックします。

(15)テスト版新機能を追加するオプションです。チェックを入れず、「Install」をクリックします。

(16)インストールが完了したら終了です。View Release Notesはサイトにつながるので、特に参照したくなければチェックを外して、Finishを押せばOKです。

(17)Windowsのコマンドプロンプトを開いて、

と入力しましょう。下のようにバージョン情報が表示されれば、インストール成功です。

おわりに

本記事は以上となります。最後までご覧いただき、ありがとうございました。Gitを試しながら学びたいという方は、初心者向けのハンズオンを用意しております。ぜひ、ご活用ください。

Gitを使ってみよう!【スタート編】
Gitを始めてみたい方、初心者向けのスタートガイドを作ってみました。

合同会社イー・シー・エフでは、子ども向けプログラミングなどの教育講座を実施しています。プログラミング教室の案内や教育教材の情報、また関連するご相談・問い合わせにつきましては下記よりご確認ください。

ECFエデュケーション
キッズも大人も。沖縄からITのマナビを応援します
タイトルとURLをコピーしました