試しながら学ぶ!Python超初心者講座(5)

Python

こんにちは、ECF Tech
ブログ担当 Michiharu.Tです。

Pythonでプログラミングを楽しく始めるためのプチ講座を連載しています。第1回からの内容は下をご参考ください。

Python
Pythonでのプログラミングを気軽に楽しみましょう

本シリーズでは、動作環境としてGoogle Colaboratoryをベースに説明を行なっています。

Google Colaboratoryは、Googleアカウントがあれば簡単に始められます。使い方は下記よりご確認ください。基本的な使い方がわかれば、すぐにでもPythonプログラミングを始めることができます。

Google Colaboratoryでプログラミングを始めよう。
Googleが提供するWebサービス Colaboratoryを使って、手軽にプログラミングを始めてみましょう。

対象読者

  • プログラミングを始めてみたいと思っている方
  • パソコンでインターネットやWord・Excelの基本操作ができる方
  • 数学の授業にプログラミングを取り入れたいと考えている先生方

本記事の用語説明

本記事では、Google Colaboratory内の下の部分を次のように呼んでいます。

上のプログラムエリアの部分は、次のように(コード)と(実行結果)を1セットにして示しています。
(コード)

(実行結果)

学習テーマ

前回Pythonに元々用意されている関数を使いましたが、今回は「関数をつくる」がテーマです。

関数とは、プログラムをひとまとまりにして、何度も使える道具を作るものです。各プログラム例では「関数をつくる」と「関数をつかう」のコメントをつけて解説しています。

やってみよう

ではここから実際に動かしながら見ていきます。

まずは3種類のあいさつをするだけの関数を作ってみます。

プログラム1

(コード)

(実行結果)

解説

関数のつくり方は下のようになります。

関数は定義部分処理部分に分かれます。定義部分は def 関数名(仮引数):です。

関数名は好きな名前をつけられます。helloがそれにあたります。関数名の後ろの (仮引数)は次のプログラム例で説明します。

関数の処理部分を表すには字下げを使います。プログラム例に色をつけて示すと下のようになります。

つづいて関数をつかう部分です。関数のつかい方は下のようになります。

プログラム例では hello()が2回書かれています。関数helloは3つのあいさつをするプログラムですので、2回実行すると実行結果のようになります。

本記事では「関数をつかう」という言葉を用いていますが、一般的には「関数を呼び出す」と表現します。この点についてはまた後ほど触れたいと思います。

プログラム2

(コード)

(実行結果)

解説

関数のつくり方を再度掲載します。

仮引数は関数が値を受けとるための変数で、その関数内だけで使えます。

プログラム例では仮引数の部分が nameとなっており、その次の行で使われています。

仮引数は値を受けとるための変数なので、値をわたす必要があります。値をわたすのは関数をつかうときです。

プログラム中の sayName('タロウ')が実行されたときのイメージを下に示します。

よって、この場合は「こんにちは、タロウさん」と表示されます。

実際に渡す値のことを実引数といいます。また、仮引数実引数を総称して、単に引数と呼ぶ場合もあります。

プログラム3

(コード)

(実行結果)

解説

仮引数を2つ使って、2つの値を足し算して表示するプログラムを作りました。

仮引数は複数持たせることができます。複数もたせたい場合は ,を使います。プログラム例では abという2つの仮引数があります。

仮引数が2つあるので、関数をつかう時も値を2つ渡す必要があります。例では tasizan(5,7)などのように、2つの数値を渡していることがわかります。

プログラム4

(コード)

(実行結果)

解説

プログラム3と比べてみましょう。3行目の print(a+b)return a+bとなっていることがわかります。

return 値を返す命令です。また、返された値を戻り値といいます。値を返すとはどういうことなのか、下のイメージをご覧ください。

ここでメインのプログラムとは、実行ボタンを押したときに動き出す関数以外の部分です。関数tasizanは、 defで作った部分です。

関数とのやりとりはよく人とのやりとりに例えられます。メインのプログラムは指示をする人、関数は指示を受ける人です。

指示をする時に渡す値が引数です。関数tasizanは2つの値をもらって処理をします。処理が終わったら、その結果を指示した人に返します。この値が戻り値です。

戻り値が返されたら、メインのプログラムはその値を受け取る必要があります。そのため、プログラム例では

と記述して、変数ansで戻り値を受け取ります。

このようなイメージでとらえると、関数を「つかう」という表現よりは、「呼び出す」がイメージとして近いことがわかるのではないでしょうか。以降は「呼び出す」という言葉を用いていくことにします。

プログラム5

引数に使える値は数値や文字列だけではありません。次は引数にリストを使う例を見てみます。
(コード)

(実行結果)

listSum関数は、引数で与えられたリストの内容を全部足し、その答えを返す関数です。

リストの内容を1つ1つforループによってとりだし、retに加算し続けます。関数部分について図を示します。

つづいて呼び出し部分です。下に再掲します。

各行の処理は次のようになります。

  • 1~5までの値が入ったリストを作り、listに代入
  • listSum関数を呼び出す。引数にはlistをわたす。戻り値はansに入れる
  • ansを表示

おわりに

本日はここまでといたします。最後までご覧いただきありがとうございました。関数を作って、呼び出すという感覚がつかめていたら良いと思います。関数の作り方はまだまだ奥が深く、今回説明できていない要素も多くあります。のちの記事で徐々にその本質を見て行けたらと思います。これからもよろしくお願いします。


合同会社イー・シー・エフでは、子ども向けプログラミングなどの教育講座を実施しています。プログラミング教室の案内や教育教材の情報、また関連するご相談・問い合わせにつきましては下記よりご確認ください。

ECFエデュケーション
キッズも大人も。沖縄からITのマナビを応援します
タイトルとURLをコピーしました